gleich zum inhalt springen

合宿免許のカリキュラムや合宿先はどうなっているの?

合宿免許は短期集中で免許が取りやすく、料金も通いの教習所より安くてお得なわけですが、合宿と聞いて不安を覚える方も中にはいることでしょう。
合宿というと運動部の合宿や、学習塾の受験に向けた強化合宿を思い出して、体育会系のノリじゃないとついていけないのでは、と思う方がいます。
また、1人で申込んでもいいの?
とか、他の方と合わなかったらどうしよう、他人と相部屋は嫌だな、食事が合わないかも、という心配もあるかもしれません。
それも心配はいりません。
というのは、その心配がないような施設やサービスを備えた教習所を選べばいいからです。
無論、合宿だから体育会系のノリとか、スパルタ教育で息つく暇もないというのも、誤解です。
免許取得のカリキュラムでは、実技は1日2時間とか3時間までといったルールが決められているため、朝から晩まで教習でビッシリ埋まるということはないのです。
日によっては午前中はお休みとか、午後から長い休み時間が入ることもあります。
その間は自由時間なので、学科の復習をしてもいいですし、洗濯などをしてもいいですし、地元の観光や散策に出かけても構いません。
適度にリフレッシュしながら、教習を受けることができるのです。
申込みについては合宿といっても大勢で申込む必要はなく、1人から申込めます。
相部屋を選べば料金を安く抑えられるメリットがありますが、シングルルームももちろん用意されているので、プライベートを大切にしたいという方でも安心です。
また、宿泊先には寮のようなアットホームなところ、ワンルームマンションタイプ、ビジネスホテルやシティホテル、温泉旅館のようなところと様々です。
自分の好みに合わせて選びましょう。
食事も時間が決められてみんなで一斉に取るところのほか、ホテルのレストランを自由に使えるところもあります。
また、中には自炊プランもあり、通常料金より5000円~7000円安くなります。
食事にコダワリがあるとか、ダイエット中の方、アレルギーがある方は自炊プランのあるところを探してみましょう。


admin in